MENU

働きながら看護師になるには?

現在、看護師になるには、4年制大学を含めていくつかの方法があります。
その中で、当サイトでは、働きながら看護師を目指す方法について様々な情報を紹介していきます。
特に気になるような看護学校の学費や入学試験、求人の探し方の他、返済が不要な給付金や奨学金制度についても解説しています。

 

働きながらではなく、大学や専門学校等での学びを考えている方はコチラのページで解説しています。
専門学校や短期大学を通じて看護師になるには
大学を通じて看護師になるには

 

とにかく看護師を目指す方には、国や病院等によるお得な制度があるので活用できるものをぜひ活用していただきたいと思っています。
ぜひ、このサイトを閲覧された方から看護師になられる方が一人でも多くなられることを願っています。

 

下記、看護師なるまでの道のりを表でまとめておりますが、学歴は、中卒からスタートすることが可能なので、多くの方がチャレンジ出来ます。そのため、看護師は中卒でも取れる資格としても大変人気な資格になります。看護学校で学ぶ期間は、最短で3年ですが、「働きながら」ということにこだわるならば看護師になるまで最短で5年が必要です。働きながら最短4年で看護師になれる方法もありますが、学校数が少なすぎるため5年かけてなる方法を中心として紹介しています。

 

働きながら看護師になる方法

働きながら看護師になるには、准看護学校(2年)で准看護師の資格を取得後、看護専門学校(3年)の定時制を経て、正看護師になる方法がベストです。
「働きながら」とは、准看護学校に在学中は看護助手として働き看護専門学校に在学中は准看護師として働くのが一般的です。

 

准看護学校は、昼間定時制の学校がほとんどなので働きながら学ぶことが可能です。
昼間定時制なので、週に3日朝から夕方まで学校で、空いた時間に働ける学校や、週に5日午後から夕方までが学校で、空いた時間に働ける学校等があります。ただし、実習期間は週に5日朝から夕方まで実習という形になります。

 

次に、看護専門学校(3年)の定時制には、昼間定時制と夜間定時制があります。これらはどちらも働きながら学ぶことが可能です。
昼間定時制は、准看護学校と同じように週に3日朝から夕方までや、週に5日午後から夕方まで学校となります。こちらも実習期間は週に5日朝から夕方まで実習です。
夜間定時制では、授業期間は夕方から夜にかけて授業となりますが、実習期間は朝から夕方までが実習となりますので、それ以外の空いた時間に働くという形になります。

 

また、准看護学校(2年)で准看護師資格取得後、実務経験を通して、通信制課程(2年)の看護専門学校を通して正看護師になる方法も働きながら看護師になる方法としておすすめ出来ます。

 

その理由として、准看護師から正看護師になるにあたり、現在の通信制課程で学ぶための要件では、准看護師資格取得後10年間の実務経験が必要なのですが、この実務経験の要件が大幅に短縮され、5年間の実務経験でなれる方針が2015年7月に厚生労働省より発表されたのです。

 

そのため、この改正が決定されれば、働きながら看護師になる方法としてよい選択肢になると思います。10年と5年では大違いですよね。

※追記
2015年12月に、この改正案について決定がなされ「10年→7年」に短縮されることが決定されました。よって、通信制で学ぶためには7年間の実務経験が必要となります。そして、この改正は2018年4月入学生から適応されることとなっています。
5年とならなかった要因としては、「准看護師取得後すぐに看護師を目指す人が減少すること」や「10年と5年では経験が大きく違うこと」などです。なお、この改正については、入学生の動向や教育内容の変更等の状況を踏まえて、施行後3年を目途に見直しが行われることとなっています。今後の見直し次第で5年になる可能性はありますが、とりあえず3年間短縮された「7年」で決定となりました。

 

ちなみに、学校数が少ないのですが、准看護師を経由せずに看護専門学校(4年)の定時制で正看護師になるという方法もあります。もちろん定時制の学校なので働きながら学ぶことが可能です。看護専門学校(4年定時制)の一覧のページでも紹介していますので住んでいるエリアなど条件が合う方にはぜひおすすめします。

 

 

働きながら看護師になる進路図

それでは、これまであげてきた方法を分かりやすく、表に色をつけてみました。(准看護師までの道のりを「オレンジ」、正看護師までの道のりを「水色」、4年定時制での正看護師までの道のりを「」としています。)
※通信制の実務経験の改正後とした場合

 

働きながら看護師になる方法図

 

看護助手・准看護師におすすめの求人サイトを紹介しています。

看護助手・准看護師におすすめの求人サイトを紹介

働きながら看護師を目指すためにサポートしてくれるところがおすすめです。
ただし、「就学支援」や「資格取得支援」などが求人条件に記載されていればいいのですが、すべての求人に記載されていない状況ですので、備考欄等で希望を伝えるようにしておきましょう。
ぜひ、参考になればと思います。サービス利用料は無料です。

 

看護助手のおすすめ求人サイト

スタッフサービス・メディカル

スタッフサービスは派遣会社業界大手であるスタッフサービスグループの会社です。派遣の他、正社員やパート・アルバイトと様々な雇用形態で希望に合う求人を全国から探すことが出来ます。特に、看護助手のような未経験や無資格の方を大歓迎の求人サイトなのでこれから医療業界で働くことを希望している方に大変おすすめです。
全国各地の登録センターで、担当者と直接会って紹介してもらうこともできます。


スタッフサービス・メディカルの詳細 >>



スマイルSUPPORT看護

スマイルSUPPORT看護は、看護助手のような無資格の方でも病院内で働ける求人が豊富にある人気の求人サイトです。
ちなみに、会員登録をしないと見ることが出来ない非公開求人が非常に多く9割も占めているのでぜひ会員登録をして様々なサポートが受けられるようにして下さい。
※会員登録の必須項目には「看護助手」の選択肢がありませんので「准看護師」を選択して、備考欄で「看護助手希望」と入力して下さい。


スマイルSUPPORT看護の詳細 >>


 

准看護師のおすすめ求人サイト

医療ワーカー

医療ワーカーは、サービス利用者から高い支持率を得ている人気の求人サイトです。楽天リサーチ調べでは看護師の支持率2年連続No.1を獲得しています。
情報満載で親切な担当者のサポートに加え、准看護師として働きながら学校に通う方にぴったりな非常勤(週3回以上)や夜勤専従(週1回以上)での職場探しも可能となっているのでおすすめです。また、サイトの見やすさは魅力的で利用者からも高い評価を得ています。
ぜひ、医療ワーカーを利用して満足できる職場探しをして下さいね。


医療ワーカーの詳細 >>



MCナースネット

MCナースネットは、業界トップクラスの全国15拠点で展開されているため、地方ニーズにも対応しているところが大きな魅力で口コミ実績No.1、利用者満足度95%以上の実績です。
また、求人数も2万件以上と豊富で、様々な働き方に合わせた情報提供があることで人気を伸ばし続けています。
さらに、専任のキャリア・コンサルタント(就職を希望する方に対して、さまざまな相談支援を行う専門家)より、会員登録から就業後のアフターフォローまで徹底したサービスを受けることも可能です。


MCナースネット >>

 

 

働きながら看護師を目指した方の理由

働きながら看護師を目指した方の理由

働きながら看護師を目指そうと思われた方のきっかけとして、どのような理由が多かったかいくつか紹介します。

 

  • 親にお金の面で迷惑をかけずに看護師になりたい
  • 母子家庭・父子家庭として子どもを守りたい
  • 子育てを終えて再就職を希望するが仕事がない
  • 一度は他の分野で就職したものの看護師になるのが夢だった
  • 医療業界で働いていたが、医療行為が行えず力不足を感じた
  • 将来が不安になった
  • 一生続けられる仕事がしたい
  • 手に職をつけて安定した仕事がしたい
  • 地元で働きたい
  • 働きながら学ぶことで実践力を身につけたい

 

このように、心機一転働きながら看護師を目指そうと思われた方は、様々な思いをもたれています。
それぞれきっかけは別にしても、看護学校では皆看護師になるという同じ目標に向かって学んでいきます。何事もチャレンジするには、エネルギーが必要ですが、「看護師になりたい」という強い気持ちがあればきっと成し遂げられます。ぜひ、勇気を出して看護師になる夢を叶えて下さいね。