MENU

看護助手について

看護助手は、医療・看護の現場で、患者さんの身の回りの世話や病床などの整頓を行い、医師や看護師がスムーズに働けるようにサポートする仕事です。
看護師や准看護師のように、特定の免許がない未経験者として医療の現場で働くことは出来ますが、医療行為を行うことは出来ません。

 

看護助手として働くならば、まずは准看護学校(2年)で学びながら准看護師の資格を目指すことをおすすめします。
そして、准看護師の免許取得後は准看護師として働きながら定時制の看護専門学校(3年)で学ぶことで働きながら看護師になることも出来ます。

 

働きながら学ぶことは、職場そのものがそのまま教育現場になるという大きなメリットもあります。
また、看護助手として働きながら准看護師や看護師の資格取得のために就学のサポートしてくれる病院等は多数存在しますので、求人サイト等を活用して探してみて下さい。

 

看護助手の求人について >>

 

これまで、「医療業界で働いたこともないしいきなり働く自信がない」「何らかの経験を踏まえたうえで働きたい」といった方には「看護助手」の通信講座で事前に学ぶという方法もあります。

 

この講座で学ぶことにより、看護助手として働く際に知っておきたい内容がひととおり学べるので安心して働くことが出来るようになるのでおすすめです。

 

また、講座修了者の方には基本的スキルが身についた証として「看護助手実務認定資格証」という修了証がもらえるので就職希望の病院等へのアピールに繋げることも出来ます。

 

気になる方は、下記講座より無料で資料請求できるのでしてみて下さい。

 

ヒューマンアカデミー通信講座「看護助手」 >>

 

 

働きながら看護師になるには