MENU

看護師の勤務体制について

看護師の勤務の特徴として、「夜勤」があるかないかで大きく勤務体制が変わってきます。
夜勤は、生活のリズムが崩れて大変な面もありますが、夜勤手当がつくので給料が高くなるという大きなメリットがあります。そのため、夜勤専門で働く夜勤専従看護師もいます。

 

夜勤の仕事内容としては、入院患者さんの状態を時間毎に確認したり、ナースコールの対応、カルテの整理、翌日の診察準備などをしていかなければいけません。
もちろん、自分の生活スタイルを考えると、日勤(朝から夕方までの勤務)のみでないと無理な方もいらっしゃるでしょう。そのような方は無理に夜勤をせずに、自分に合った働き方をして下さいね。

 

それでは、夜勤の勤務体制として「2交代制」と「3交代制」の勤務時間を紹介します。

 

2交代制

2交代制勤務は、一日の勤務時間を「日勤」と「夜勤」の2つに分けたものです。
病院によって違いはありますが、2交代制の場合は下記のようなシフトになります。

勤務の種類 時間
日勤 8:30〜17:30
夜勤 16:30〜9:30

 

2交代制のメリットとして、深夜時間からの通勤がない、夜勤を一晩頑張ればゆっくり休めるという点などがあげられます。逆に、デメリットとしては勤務時間が長い、家にいる時間が短く家族に迷惑がかかるなどがあります。

 

3交代制

3交代制勤務は、一日の勤務時間を「日勤」「準夜勤」「夜勤」の3つに分けたものです。
病院によって違いはありますが、3交代制の場合は下記のようなシフトになります。

勤務の種類 時間
日勤 8:30〜17:30
準夜勤 16:30〜25:30
夜勤 0:30〜9:00

 

3交代制のメリットとして、勤務時間が短い、家にいる時間を確保出来るので子どもの面倒が見やすいという点などがあげられます。逆に、デメリットとしては遅い時間からの通勤が大変、シフトによってはゆっくり休みがとれないなどがあります。

 

以上のように、勤務体制によって、働き方は大きく変わってきます。
夜勤をして高い給料を得るのがいいのか、日勤のみで子どもといる時間を確保するのがいいのかなど、自分の生活スタイルに合わせた病院選びをすることを心がけましょう。
ちなみに、求人サイトを利用すれば就学支援の希望、夜勤専従の希望、日勤のみの希望など自分の生活スタイルに合わせた働き方で探すことが出来るのでぜひ活用して下さい。サービス利用料は無料です。

 

 

看護助手の求人

 

准看護師の求人

 

 

 

働きながら看護師になるには