MENU

看護師等修学資金貸与事業について

看護師等修学資金貸与事業とは、条件を満たせば返さなくていい奨学金です。
就職を希望する都道府県によりますが、この制度がある場合は利用することをおすすめします。

 

 

看護師等修学資金貸与制度って何?

各都道府県が看護職員対策の一環として、看護師等(保健師、助産師、看護師及び准看護師)を養成する学校に在学している方の修学を支援する制度になります。この制度は、卒業後に、貸与を受けた都道府県の病院や診療所、介護老人保健施設等の返還免除対象施設において一定期間(勤務する医療機関により異なります)継続して業務に従事した場合は、返還が免除されます。ただし、全ての都道府県で実施されているわけではありませんので、各都道府県のホームページにて制度の有無を確認して下さい。また、予算の範囲内で行われている事業であるため、審査に落ちた場合には利用することが出来ません。

 

どんな人が利用できるの?

制度を利用するためには次の@〜Aをどちらも満たす必要があります。

  1. 看護師等養成施設に在学している方
  2. 卒業後、1年以内に看護師等の免許交付を受け、直ちに返還免除対象施設(各都道府県により指定された病院等)で看護業務に従事しようとする意思がある方

 

いくら貸してもらえるの?

貸与額は学校の設置主体によって異なります。

 

区分 学校の設置者 貸与月額
保健師修学資金

助産師修学資金
看護師修学資金

国公立 32,000円
私立 36,000円
准看護師修学資金 国公立 15,000円
私立 21,000円

 

 

どうやって申し込めばいいの?

申込手続きは必ず在学する学校を通じて行う必要があります。
各都道府県により申請書類は異なりますが、修学資金貸与申請書、在学証明書、学校長の推薦書等が必要となります。また、申請にあたっては、連帯保証人が2名必要となります。うち1名は同一生計外の世帯から専任する必要があります。

 

どうしたら返還免除になるの?

返還免除を受けるには次の要件@〜Aをどちらも満たす必要があります。

  1. 卒業後、1年以内に看護師等の免許交付を受け、直ちに返還免除対象施設(各都道府県により指定された病院等)で看護業務に従事した場合
  2. 返還免除対象施設で看護職として引き続き一定期間(勤務する医療機関により異なります)以上従事すること

 

どうしたら返還しないといけないの?

返還しなければならないのは@〜Dのいずれかに該当した場合となります。

  1. 退学等により、貸与契約が解除された場合
  2. 卒業後1年以内に免許を取得しなかった場合
  3. 免許取得後、直ちに返還免除対象施設で看護業務に従事しなかった場合
  4. 返還免除対象施設において引き続き一定期間(勤務する医療機関により異なります)従事しなかった場合
  5. 業務外の事由により死亡した場合

 

病院独自の奨学金制度についてのまとめ

この制度は、各都道府県が看護師不足を解消することを目的とした看護師確保対策として行われている制度になります。看護師国家試験や准看護師資格試験を一発で合格し、返還免除対象施設で一定期間の勤務が必要となりますが、返還免除になるという点は最大の魅力でしょう。自分の働きたい場所、病院等を考えた上で、この制度を利用できるならばぜひおすすめしたい制度です。

 

 

 

働きながら看護師になるには