MENU

専門学校や短期大学を通じて看護師になるには

このページでは、専門学校や短期大学を通じて看護師になる方法について様々な情報を紹介していきます。

 

ちなみに、看護学科のある大学や専門学校のパンフレット・募集要項をお探しの方は下記ページから簡単に資料請求することが出来ますのでぜひご利用下さい。

 

リクナビ進学-看護師 >>

 

進路図は下記の通りです。

専門学校や短期大学を通じて看護師になるには

 

 

看護専門学校や短期大学を経て看護師になるメリット・デメリット

看護専門学校(全日制3年)は准看護師を経由せずに、最初から正看護師を目指せることから「レギュラーコース」と言われています。現在では、看護師になる方法として大学の選択肢も増えてきていますがレギュラーコースは変わらず人気を維持しています。
そして、看護系の短期大学についてです。看護系の短期大学は、看護専門学校と同じように3年で看護師になることが出来ます。ただし、現状は学校そのものが4年制の大学に移行しつつあり減少しているところです。下記、これら3年で看護師になれる方法についてのメリットやデメリットを記載していますので参考にしてください。

 

メリット
最短で看護師になれる

看護専門学校(全日制3年)と看護系の短期大学の大きな魅力は何と言っても最短で看護師になれるところです。大学卒の方と比べても一年早く経験が積めるので、とにかく看護師として早く現場に出たい方にとっては一番おすすめです。

 

国公立の学校は学費が安い

これも大きな魅力なのですが、国公立の学校であればとにかく学費が安いです。学費が安い上に最短3年で看護師になれるのでお金もあまりかかりません。ただし、私立の学校になると国公立の1.5倍〜2倍以上のお金がかかってしまいます。そのため、学費が安い国公立の学校は倍率も高くなっており、受験に合格するためには相当の努力が必要です。

 

短大は養護教諭の免許をとれるところがある

看護系の短期大学では養護教諭二種免許(保健室の先生)の免許を得られるところもあります。そのため、看護師としてだけでなく養護教諭として働ける選択肢が増えるのも大きな魅力でしょう。

 

デメリット
保健師や助産師をとるには再度進学が必要

看護学校在学中や看護師としての就職後に保健師や助産師を目指そうとされる方は多くの方がいらっしゃいます。そのためには、再度1年間助産学科や保健学科がある学校に通う必要があります。その結果、合計4年がかかります。もちろん最初からそのコースを希望されている方もいますが、実際に看護学校での実習先で助産師や保健師の仕事をみて自分もなりたいと思う方も多いようです。ただ、看護大学の場合、保健師や助産師の教育プログラムがあれば、これらの受験資格を同時に得ることが出来ますので、1度の受験で済み、大卒となれる大学の方が有利でしょう。

 

アルバイトは出来ない

看護大学でもアルバイトするのは難しいのですが全く出来ないわけではありません。ただし、3年制課程の専門学校や短期大学では、最短で看護師になれるだけにカリキュラムが忙しく、実習も多いためアルバイトをする余裕はありません。むしろ、学校でアルバイトそのものが禁止されているところも多いようです。経済的に厳しいようであれば奨学金を検討することも考えておきましょう。

 

大卒よりも給料(初任給)が低い

国公立の病院や大学病院などの大きな病院では大卒の方が給料(初任給)は多い傾向にあります。もちろん病院によって違いがありますので就職や転職を考える際は、病院の募集要項などでしっかりと確認するようにして下さい。また、出世についても大卒の方がしやすいようです。ただし、専門卒や短大卒でも多くの方が出世されているのも事実です。看護師として就職してからの仕事の頑張りが重要となるのは間違いありません。

 

まとめ

とにかく看護師を目指すのに専門学校や短期大学を経るのは、最短の3年でなれることが一番の魅力です。「現場に一年でも早く出たい!」「(国公立の学校で)学費を安く済ませたい!」といった方には最善の方法となるでしょう。
大学を選ぶか専門学校を選ぶか迷ったときのポイントは「自分がどんな看護師になりたいか」です。どちらの道を選んでも看護師として社会で活躍できることは間違いありません。ぜひ看護師となって立派に活躍して下さいね。

 

 

看護大学や専門学校で学ぶことを考えている方にはこちらの進学情報サイト「リクナビ進学」の利用をおすすめします。全国各地の学校から自分の気になる学校分だけをまとめて資料請求することが出来るのでぜひご利用ください。ほとんどの学校のパンフレットや願書が無料で資料請求できます。

 

リクナビ進学-看護師 >>