MENU

大学を通じて看護師になるには

このページでは、大学を通じて看護師になる方法について様々な情報を紹介していきます。

 

ちなみに、看護学科のある大学や専門学校のパンフレット・募集要項をお探しの方は下記ページから簡単に資料請求することが出来ますのでぜひご利用下さい。

 

リクナビ進学-看護師 >>

 

進路図は下記の通りです。

大学を通じて看護師になるには

 

 

看護大学を経て看護師になるメリット・デメリット

看護学科のある大学は年々右肩上がりに増えており、看護師になる方法として大学に行くという選択肢が当然のようになりつつあります。看護師免許をとることだけ考えれば専門卒と変わりませんが大学では高度な知識を学べるだけでなく様々なメリットがあります。下記メリットやデメリットについて記載していますので参考にしてください。

 

メリット
保健師・助産師・養護教諭の資格も取得できる

看護学科のある大学では、看護師の資格以外にも保健師・助産師の教育プログラムがあれば保健師と助産師の受験資格を得ることが出来ます。保健師・助産師になるには、看護師の免許取得後1年間それぞれの養成所で学ばなければなりません。そのため、将来的に保健師や助産師を目指そうと思われているのであれば最初から大学で学ぶほうが一度の受験で済むうえに大卒(学士)として社会に出ることが出来るのでおすすめです。また、大学では養護教諭一種免許(保健室の先生)を得られる大学もあります。このように、大学では様々な資格を同時に得られるという大きなメリットがあります。

 

専門卒や短大卒よりも給料(初任給)が高い

看護師として働いていく中で気になるお給料についてですが、やはり大卒のほうが給料(初任給)は高い傾向にあります。特に、国公立の病院や大学病院などの大きな病院では差が出ることが多いようです。もちろん病院によって違いがありますので就職や転職を考える際は、病院の募集要項などでしっかりと確認するようにしましょう。

 

出世しやすい

一概には言えませんが、大卒の看護師の方が出世もしやすいようです。というのも、大学では高度な知識や技術をもつリーダーとなる人材が期待されています。そのため、大きな病院で看護部長や副院長になられている方の多くは大卒の方が多いようです。ただ、専門卒や短大卒で出世されている方も多くいますので就職後の仕事の頑張りが重要となるでしょう。

 

仕事の選択肢が広い

大学を出るメリットとして、出世がしやすいだけでなく仕事の選択肢が広いこともあげられます。上記で記載したように、看護師としてだけでなく同時に資格を取得して保健師や助産師、養護教諭として働く選択肢があります。保健師は企業の産業保健師としてや公務員として働くことも出来ます。また、大学卒業後、大学院で学ぶことで看護大学教員として働く道に近づくことも出来ます。ただし、相当倍率は高いです。実際のところ看護大学教員になるのに大卒である必要はありませんがほとんどの方が大学院を修了された方です。

 

デメリット
お金がかかる

やはり、何といっても大卒のデメリットはお金がかかるところです。特に私立の大学はより多くのお金がかかります。また、自宅から通えるところであればいいのですが一人暮らしとなるとなおさらです。その中で、お金の負担を減らすためもちろんアルバイトをしながら通っている学生はいます。ただし、看護学生は課題として様々なレポートを書くことが多く、実習が始まると予習にレポートにととにかく忙しくなるため両立するのははっきり言って難しいです。せっかく専門的な分野を学ぶわけですから学業に専念出来るようにしたいところです。その場合、奨学金という選択肢もありますのでぜひ利用することも頭に入れておきましょう。

 

専門卒や短大卒よりも時間がかかる

「とにかく看護師になる!」ということだけ考えれば大学の場合最低4年かかりますので、1年早く看護師になれる3年制の専門卒や短大卒でも十分でしょう。そこで考えたいのは、「将来自分が看護師としてどうなりたいか?」です。はっきり言って大卒でも専門卒や短大卒でも看護師になって就職に困ることはありません。それでもより高度な知識や技術を学び、看護師以外の資格も学びたいのであれば大学に進学することをおすすめします。

 

倍率や偏差値が高い

看護学科のある大学は年々増えており多くの大学から看護師になることが出来ます。ただし、学費が安い国公立の大学や有名な私立大学になれば倍率や偏差値も高くなるので受験で合格するための努力が必要となります。しっかりと様々な条件から多くの大学を調べたうえで希望する大学を選ぶようにしましょう。

 

まとめ

これまで記載してきたように、デメリットはあまりなく、多くの点で大学にはメリットがあるため進学する価値は十分にあります。自分が描く将来の看護師資格の活かし方や学ぶための費用などさまざまな点を考えて進路を考えていくようにして下さい。

 

 

看護大学や専門学校で学ぶことを考えている方にはこちらの進学情報サイト「リクナビ進学」の利用をおすすめします。全国各地の学校から自分の気になる学校分だけをまとめて資料請求することが出来るのでぜひご利用ください。ほとんどの学校のパンフレットや願書が無料で資料請求できます。

 

リクナビ進学-看護師 >>