看護師一年目の年収や初任給・ボーナス

これから看護師を目指す方や看護師として働いていく方にとって、看護師デビューした年にどれぐらいの給料がもらえるのか気になることと思います。

下記、一年目の年収や初任給・ボーナスについて実際の求人票を元にまとめてみましたのでぜひ参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

看護師一年目の給料はどれぐらい?

それぞれの病院や地域によってそれぞれ基本給や手当の金額が異なるため下記項目を目安で示した表では「○○円~○○円」といった形で記載しています。

 

項目 金額等の目安
基本給 18万円~22万円程度
職務手当 0円~3万円程度
夜勤手当 3万5千円~6万円程度
住居手当 0円~3万円程度
通勤手当 0円~6万円程度
年間賞与 3ヶ月~6.5ヶ月
(初年度は1ヶ月~2.5ヶ月程度)
昇給 2千円~1万円程度

これらから考えると、看護師の初任給は手当まで含めて「22万円~30万円程度」となります。
手取り額でいうと「17万円~24万円程度」といったところです。

寮生活などになるとこれからさらに差し引かれます。初任給としては充分に貯金もできて趣味や外食等にもお金を使うことができるレベルです。

では、それぞれの給料の項目についての解説も記載しておりますのでぜひご覧ください。

基本給について

一年目の基本給については「18万円~22万円程度」であり、20万円前後となっております。

その中で、一年目の基本給で差がついてくるのが「学歴」です。

やはり、大卒の方の初任給を高めにしているところが多く、大卒と専門卒とでは基本給に1万円程度の差がつくような形となっております(もちろん病院によって差がないところもあります)。

なお、病院の中には、基本給とは別で「職務手当」や「資格手当」「精勤手当」のように手当として支給し、基本給を下げているところもあります。

基本給は給料の中でも賞与(ボーナス)や退職金に影響してくる一番重要な部分です。
ボーナスの支給月数等との兼ね合いもありますが、出来る限り基本給が高いところをおすすめします。

賞与(ボーナス)について

とりあえず、看護師にボーナスが支給されるかされないかだけで言うと多くの病院で支給されます。

ただ、ボーナスは「基本給×支給月数」として計算されるのが一般的です。
このことを頭に入れたうえで「基本給」と「支給月数」のバランスに注目するようにして下さい。

「ボーナス6ヶ月」とびっくりするようなところもありますが基本給が相当少ないというところもありますので注意が必要です。
ちなみに、一年目のボーナスについては支給月数が少なくなるのが一般的です。「年間4ヶ月」もらえるようなところであっても一年目は「1ヶ月~2.5ヶ月」といった形になります。

理由としては賞与算定期間(ボーナスを計算するための期間)が短いので、1番最初のボーナスはおまけ(寸志)程度で支給されているようなものだからです。

夜勤手当について

夜勤手当は、一年目の方にとってもベテランの方にとってもかなり給料アップに貢献してくれる大きな手当です。

夜勤の回数や夜勤手当の金額は2交代制か3交代制によって異なってきます。2交代制は勤務時間が長いこともあり1回あたりの手当「8千円~1万5千円」と高い傾向にあります。月数では4回~5回のところが多いです。

3交代制の場合は勤務時間が短い分回数は多くなり、1回あたりの手当は「5千円~8千円」です。
月数では7回~8回のところが多いです。

 

これらから、月単位での夜勤手当としては「3万5千円~6万円」程度となります。

住居手当について

住居手当は、勤務経験に関わらず一律なので一年目の方にとってはかなり大きな手当になります。

ただし、病院によって制度があるところないところは様々です。

制度があるところでは、居住する家賃の半分を支給するような形で、家賃によって変動する仕組みとなっています。
そして、その上限は3万円程度です。

なお、病院によっては「35歳まで」のように年齢制限を設けているところもあります。
ちなみに、住居手当ではなく安い費用で住める寮や社宅が用意されているところもあります。給料を上げることだけを考えれば制度がある方がいいですが、それらを考えると特に制度の有無にこだわる必要はありません。

通勤手当について

通勤手当は、距離に応じて支給されるため居住する場所よって差がでてきます。

ただ、その中でも病院の規定によって支給額が多いか少ないかのバラツキがあるためしっかり確認しておきましょう。

多いところでは上限6万円まで支給されるところもありますが、夜勤のこと(通勤の大変さ)や急な呼び出しのことを考えてできるだけ病院の近くに住むことをおすすめします。

その他の手当について

上記にあげている手当の他にも残業した場合の時間外手当や配偶者や子どものための扶養手当(家族手当)等があります。
さらに、キャリアアップして専門看護師や診療看護師等の資格を取得するとそれに対する手当も支給されます。

看護師一年目の年収について

同じ看護師という職業であっても勤務先や地域、手当の有無によって給料が違うため一概には言えませんが、看護師一年目の年収は「230万円~300万円程度」になります。

なお、一般企業(大卒)の新卒の平均年収は「200万円~230万円程度」と言われています。

この点を考慮すると看護師一年目の年収はかなり高い水準にあることがわかります。この差に大きく影響しているのはやはり月々「3万5千円~6万円」程度が上乗せされる「夜勤手当」でしょう。

ちなみに、一年目の年収は1月~12月ではなく4月~12月の8ヶ月で計算されるため必然的に少なくなります。また、ボーナスの支給月数が少ないことも影響してきます。

そして、看護師2年目以降(経験年数2年~5年)の年収となると「340万円~420万円程度」となります。

経験年数が浅い内から比較的高い給料をもらえるのは本当に看護師の魅力だと思います。

まとめ

病院で支払われる手当等によって給料は多い少ないさまざまであり、初任給にもかなり差がでてきます。給料が多いかどうかの違いを比べる一番簡単な方法は「年収」で把握することです。

ただ、一年目のことだけでなく将来的なことを考えて月々の基本給や手当等の項目、昇給の具合等を確認しておくこともかなり重要になります。

最初から多くの給料をもらえるに越したことはありませんが、将来的に給料がどうなっているかも考えておくようにしましょう。

「1年目からこれだけもらえるけど10年後はどうだろう」といった感じです。

そして、給料だけでなく自分がどういった病院で働きたいかが特に重要です。これから看護師を目指す方もさまざまな思いがあると思いますが、看護を学んでいく中で「今後自分がどういう看護をしていきたいか?」を考えながら将来の病院選びに繋げていくようにして下さい。