母子家庭・父子家庭として看護師を目指されている方は本当に多くの方がいらっしゃいます。
そのため、周りには一緒に頑張れる仲間がいますので安心して看護師を目指して下さい。

もちろん、母子家庭・父子家庭の方が、働きながら学ぶなんて経済的に大丈夫なのかという疑問はあるかもしれません。しかし、そんな母子家庭・父子家庭だからこそ受けられる公的支援があるのです。

これから紹介する制度を利用してぜひ看護師を目指しましょう。

 

スポンサーリンク

 

高等職業訓練促進給付金と専門実践教育訓練給付金を利用しよう

看護学校に通いながら子育てをしていくとなると、必然的に働く時間は短くなりますので働いて得られる収入は少なくなります。その中で、生活費を助けてくれる制度として「高等職業訓練促進給付金等制度」というものがあります。

高等職業訓練促進給付金を受けることが出来れば、月に70,500円~100,000円もの生活費を国が支援してくれます。

制度の詳しい説明はコチラで解説していますのでぜひご覧ください。
高等職業訓練促進給付金等制度

さらに、母子家庭・父子家庭の方だけの制度ではありませんが、「専門実践教育訓練給付金制度」という制度もあります。
この専門実践教育訓練給付金を受けることが出来れば半年ごとに支払った授業料等の40%が支給され、国家試験等に合格して働いていればそれまで支払った授業料等の20%を追加で支給してもらうことが出来ます。支給額は合計60%です。

制度の詳しい説明はコチラで解説していますのでぜひご覧ください。
専門実践教育訓練給付金制度

そしてなんと、これらの「専門実践教育訓練給付金」と「高等職業訓練促進給付金等制度」は併用が可能です。

ぜひ、このような制度を存分に活かして看護師を目指して下さいね。