以前は「看護婦」として、女性の職業というイメージが強い職業でしたが(男性は「看護士」という名称で区別)、2002年から男女関係なく用いる名称「看護師」となっています。

現在では、男性看護師も年々増え続けており、多くの病院等で活躍されています。その中で、特に需要が多い診療科目としてあげられるのは、精神科・整形外科です。

これらは、力仕事や体力を必要とする業務が多いため、男性は歓迎されることが多いのです。その他、手術室、透析室、ICU(集中治療室)等も男性の割合は多くなっています。

また、手当が多く高収入な夜勤専従看護師として働く方もいらっしゃいます。
まだまだ、看護師を占める割合は女性が多いものの、男性だからこそ活躍できる、期待されることはたくさんあります。さらに、多くの病院で管理職として男性看護師が活躍されているのも事実です。

ぜひ、男性看護師になりたいという思いがあれば、チャレンジされることを願っています。