看護学校の学費は、設置主体や学校の種類によって変わってきます。

やはり、公立の学校は運営するための費用が税金で賄われているだけあって、学費は安くなっています。ただし、公立の看護学校は全国でも少ないため、私立の学校を検討せざるを得ないかもしれません。

また、学費が安い公立の看護学校はその分倍率も高くなりますので入学試験は相当難関になります。

下記は、設置主体・学校の種類でまとめた初年度にかかる年間の学費です。初年度は入学金や教科書代、白衣代などがかかりますので学費の負担が大きくなります。2年目以降の学費は、入学時のような大きな負担がないので1年目より少なくなります。

 

スポンサーリンク

 

看護学校の学費

准看護師から看護師を目指される方は「看護専門学校」を参考にして下さい。

 

設置主体

学校の種別

年間学費(初年度)

国公立

大学・短期大学

60万~80万円台

看護専門学校

10万~50万円台

私立

大学・短期大学

100万~200万円台

看護専門学校

20万~100万円台


詳しくは学校のホームページなどで確認して下さい。

通信制看護学校の学費

准看護学校から看護師を目指される方のみ対象です。

 

設置主体

年間学費(初年度)

私立

40万~70万円台


詳しくは学校のホームページなどで確認して下さい。

准看護学校の学費

 

設置主体

年間学費(初年度)

国公立

20万~30万円台

私立

40万~70万円台


詳しくは学校のホームページなどで確認して下さい。

 

学費の内訳について

看護学校の学費は、学校ごとにさまざまな費用がかかってきます。その中には、入学時に一括納入しなければならないものと入学後にかかるものがあります。一般的には下記のようなものがあげられます。

入学時に一括納入としてかかるもの

  1. 入学金
  2. 施設整備費
  3. 教育充実費
  4. 教材費
  5. 教科書代
  6. 白衣代
  7. 制服代(制服が必要な学校のみ)
  8. 学生保険料

入学後にかかるもの

  1. 授業料
  2. 実習費
  3. 施設管理費

このように、入学時は一括納入しなければいけないものが多く、たくさんのお金が必要となりますので事前に準備をしておくようにして下さい。
また、上記以外に入学後にかかるものとして、クラス費や駐車場代等がかかる場合もありますので頭に入れておくようにして下さい。

学費の支払い方法は?

入学後にかかる学費については、学校によって支払い方法が変わってきます。毎月支払う月払い、3ヶ月ごとに支払う4期払い、前記・後期の6ヶ月ごとに支払う2期払い、1年ごとに支払う年払いのいずれかになります。

各学校の入学案内や募集要項等で確認出来ると思いますので気になる方は、ホームページなどで確認して下さい。