病院に行くと優しくて、テキパキと仕事をしている看護師を見たことがあると思います。看護師の中には、それがきっかけで看護師を目指したという方も少なくありません。そんな看護師ですが、実際はどんな仕事をしているのでしょうか?

看護師の仕事は、患者さんとの関わりだけではありません。実際には患者さんと関わっていない仕事も多いものなのです。

そこで、このページでは看護師が現場で行なっている仕事内容や、担っている役割について紹介しています。また、患者さんとして見る看護師とは違う、看護師の仕事の実情もお伝えしていきます。

 

スポンサーリンク

 

看護師の主な仕事内容と現場での役割とは?

看護師といえば、外来では医師の隣にいて診察をサポートしたり、注射や点滴をしているといったイメージがあると思います。そして、病棟では入院患者さんの世話をしているようなイメージがあると思います。

もちろん、そのような仕事は大切なことですが、これらは看護師の仕事の表面だけ見えるもので、ほんの一部でしかありません。いくつか例をあげて具体的な内容を説明していきます。これから看護師を目指す方の参考になれば幸いです。

医師の診療をサポート

まず、看護師の仕事には「医師の診療の補助」という役割があります。

これは、外来での診療のサポートというのも当てはまりますが、他にも、治療や検査をする患者さんの段取り、計画、与薬、観察、急変時の対応、医師への報告や指示受けなど、非常に重要な役割が多くあります。

そして、スムーズに診療や検査、処置を行うために、いろいろな面から計画をして段取りを行うといった仕事もあります。これらは、患者さんとの関わり以外の仕事として、他の部署との連携を図るという役割として本当に大切なことです。

また、たとえ一つの検査や治療に関しても、観察する項目や、観察したことについての判断、判断に基づいた行動、ケアの内容、患者さんへの指導などを行う必要があります。このような内容の検査や治療をいくつも受け持っていくのも看護師の仕事です。

入院患者のケア

医師の診療をサポートすることは、「入院患者さんのケア」でも行う必要があります。

病棟の看護師は、治療や検査の仕事以外に、入院患者さんの日常のお世話、例えば、食事や排泄、整容(姿勢を正すこと)なども行なっています。

このようないくつもの仕事内容を、看護師1人で担当して、日々仕事をしています。

入院する患者さんは、検査や治療、手術、リハビリなどいろいろな目的で入院してきます。その入院計画をもとにして、今後の看護計画を立て日々の看護ケアを行っていくことになります。

入院患者さんに対しての看護計画は、主に、「スムーズに検査や治療が行われるようにすること」「安全に安楽に入院生活を送られること」「退院後の生活への指導をすること」などです。

例えば、手術を受ける目的で入院した患者さんには、手術前の準備や術後の管理、退院までの日常の世話が看護の流れとなります。

この経過の中でも、観察や異常の早期発見、検査、処置など、たくさんの看護技術が含まれていて、多くの役割を担っているのです。

注射・採血・点滴

看護師といえば、「注射・採血・点滴」このような処置を行なっているイメージが特に強いのではないでしょうか。

注射といっても「静脈注射」「筋肉注射」「皮内注射」「皮下注射」といった種類があり、それぞれで使用する薬剤や目的によって方法が異なってきます。

これらは、医師の指示によって行い、使用薬剤によって注射方法が異なってくるので、非常に注意をしなければいけません。

採血は検査のために行うものです。これについても「静脈血採血」と「動脈血採血」といった方法があって、それぞれで目的が異なります。

「静脈血採血」は看護師が医師の指示によって行うことができますが、「動脈血採血」は医師が行うものなので看護師はそのサポートを行うことになります。

点滴については、医師の指示によって処方された薬剤を、指示どおりの時間で行っていくものです。

点滴を始める時の静脈ルートの確保から、点滴の速度管理、点滴中の異常の有無など、点滴のケア一つでも看護師が行う仕事はたくさんあります。

 

 

急変時の看護

急変とは、患者さんの状況が急激に変化して、意識がなくなったり、呼吸が止まったり、心臓が止まったりする緊急事態のことをいいます。

この時は、状況判断と他の看護師や医師に救助要請をするなど、迅速な対応が求められます。

一刻も早い処置が患者さんの命を救うことになるので、正しい判断が必要なのです。

これは救命救急の現場だけではなく、一般の病棟や外来でもありうることなので、看護師にとってとても重要な役割といえます。

日常生活の世話

患者さんができないことをサポートする役割も看護師の仕事です。それは日々の生活動作、つまり食事、排泄、整容(姿勢を正すこと)、睡眠などの援助となります。

「患者さんが快適に入院生活を送るため」ということも大切ですが、それよりも「患者さんができないことをサポート」していきます。ただ、サポートし過ぎずに「患者さんができる力を維持または向上させるように関わること」も大切です。

この看護に関しては、いわゆる看護師の3Kといわれる中の「きつい・汚い」という点が当てはまるかもしれません。

しかし、このようなことは看護師の仕事として、とても重要な役割であり看護師である当人は何とも思っていないことがほとんどです。

日常のサポートを通して大切なことは、「患者さんがどのように動くことができるか」「全身に異常なところはないか」「できるようになるためにはどうしたらいいのか」などを観察して看護計画に生かしていくことです。

この日常の世話をするような場所としては、「整形外科・リハビリテーション科・脳神経外科・内科・外科」など多くあり、それだけ看護師の役割が重要であることがわかると思います。

特に、現在の高齢化社会では、こういった日常生活の世話が看護師の仕事として大切な役割となっているのです。

看護師の仕事内容や現場での役割のまとめ

看護師の仕事は、ひと言では説明ができないほど複雑なものであることがお分かりいただけたことと思います。

看護師は、医療の現場の中で欠かすことのできない様々な役割を果たしており、医療をスムーズに行うために「病院サイドの役割」から「検査や治療をサポートするという患者さんサイドの役割」まで多くの仕事をこなしていかなければいけません。

そして、ひとつの生活介助でもただ介助するだけではなく、介助しながら観察も行い、次の看護のために生かしているのです。

このように、看護師は複雑な日々の仕事の中で経験値を増やしていき、その後の看護に生かして行動しているのです。そういった意味でも、これといった形がなく奥が深いので魅力があり、非常にやりがいのある仕事なのです。