看護師として働くメリット

これから医療の現場で働きたいと思っている方は多いと思います。看護助手は、医療機関で働く第一歩として多くのメリットがあります。下記、それらのメリットをまとめていますので看護助手に興味がある方はぜひご確認下さい。

 

スポンサーリンク

 

未経験・無資格でも働ける

看護助手の一番のメリットは未経験の方や資格がない方でも看護師や准看護師とともに医療の現場では欠かせない存在として働けるところでしょう。

高齢化社会や深刻な看護師不足といった問題を解消するためにも看護助手は貴重な人材といって間違いありません。

また、医療機関はなくなってしまうことはありませんし、比較的景気に左右されることなく常に需要がありますので安定した就業場所でもあるため安心して働くことが出来ます。

希望条件に合わせて働きやすい

看護助手はアルバイトやパートとしても働きやすいというメリットがあります。

病院は(主に外来)朝の時間帯と夕方の時間帯は特に患者さんが多く人出が必要となりますのでその時間だけでもスタッフがいてほしいのです。

そのため、「午前中のみ」や「夕方から夜まで」といった条件で募集しているところもあります。このような背景もあって、学生として働きながら看護師を目指すということも可能なのです。

看護師や准看護師にキャリアアップ出来る

キャリアアップ出来ることは本当に大きな魅力でしょう。

当ページでメインに紹介しているように「働きながら看護師」になれるのもその一つです。働きながら看護学生として学ぶことは、学校で看護について学びつつ、職場では有資格者の仕事を間近で感じながら成長することが出来ます。

そのため、いざ看護師や准看護師になった時は「即戦力」として働くことが出来るのです。

もちろん、仕事も勉強もとハードではありますが、「看護師になる!」といった明確な目標があるのでこれまで多くの方がこの方法で夢を実現されています。

看護助手の仕事内容

看護助手といってもどのような仕事をしていくのか気になることと思います。

まず、看護助手は看護師や准看護師のように医療行為(注射や点滴等)を行うことが出来ません。それでも多くの事を託される看護助手は医療の現場では必要不可欠です。

それぞれの医療機関や部署(外来や病棟)などにより違いはありますが、具体的にどのような仕事内容があるのか紹介していきたいと思います。

ベッドメーキング

患者さんが心身ともに穏やかで、快適な環境で入院生活をおくれるようにベッドをきちんと整えるベッドメーキングやリネン(シーツやカバー)の交換を行います。

看護用品の点検

看護師が患者さんへのケアをするときに必要な物品が破損していたり、在庫が不足することがないように看護用品の点検を行います。スムーズな仕事の流れを作るためにも看護助手の存在は欠かせなくなっています。

清潔を保つこと

衣類の脱ぎ着が出来ない患者さんのためのサポートや、歯磨きや入浴のサポートを行うことで常に清潔を保つように手助けをしていきます。また、洗面台の手入れやリネン庫(シーツやカバーの保管庫)の整頓なども行っていきます。

食事の援助

食事の時間になったら、患者さんのところまで食事を持って行き、食事が終わっていれば下げます。また、一人で食事をすることが出来ない患者さんには食べてもらうようにスプーンなどで手助けを行っていきます。

排泄の援助

自分一人で排泄が出来ない患者さんのためにトイレへの誘導から、排泄の際の衣類の脱ぎ着の手伝い、オムツ交換を行います。また、便器やポータブルトイレなどで用を済ませた汚物の処理や汚物室の片付けなども行います。

伝達役としての役割

メッセンジャーとして医師や看護師に検査結果の伝票やカルテの受け渡しを行います。また、検査室に検体(血液など)を届けることも行います。

車いすやストレッチャー(簡易ベッド)による移送

歩くことが出来ない患者さんを車いすやストレッチャーを使って検査室や手術室への移動補助を行います。

歩行の介助

歩くことに関して倒れる可能性がある患者さんに対して、転倒しないように見守り、必要があれば手助けを行います。

このように、看護助手の仕事は患者さんの身の回りのお世話や病床などの整頓を行い、主に医師や看護師がスムーズに働けるようにサポートすることとなります。看護助手として働いていくことは、医療現場に欠かせない存在として医療の現場に携わることが出来ます。

ただ、さらなるレベルアップを図り仕事の幅や給料を増やすとなると看護助手として働きながら准看護師や看護師を目指すことをおすすめします。働きながら学ぶことは、職場そのものが教育現場になるという大きなメリットもあるのです。

なお、看護助手として働きながら准看護師や看護師の資格取得のために就学のサポートをしてくれる病院等は多数存在します。

自分に合った診療科目や働き方で求人を探すためにも当サイトで紹介している求人サイトをぜひ活用してみて下さい。

→看護助手の求人