看護師は、患者さんやそのご家族などに接する、病院の顔ともなる存在です。そのため、身だしなみを整えることは本当に大切なことです。しかし、過酷な勤務で髪やメイクが乱れて、それらに悩まされることも少なくありません。

そして、「お洒落もしたい!」と髪の毛の色を明るくし過ぎると、「看護師に向いていない!」と上司や先輩看護師から厳しい突っ込みが来ることもあります。

そんな看護師は、働くうえでどのような髪形をしたらいいのか気になることと思います。また、どのような髪色までだったら許されるのかも気になるでしょう。

この記事では、そんな看護師の髪形・髪色、その他身だしなみについてご紹介いたします。

スポンサーリンク

看護師として必要な身だしなみについて

看護師は接遇、接客を意識した髪形、身だしなみをするのが基本です。そのため、髪の毛は清潔感があって、メイクや身だしなみなどもナチュラル感が大切となります。

勤務中は忙しく身だしなみを整えることがなかなか出来ませんので、一旦セットしてきたものは崩れないような努力をすることが必要です。

また、看護師の身だしなみは患者さんを元気にさせる力も兼ね備えているので、病院に訪れた患者さんに良い印象を与えられるような身だしなみを心がけることも大切です。

下記では、そんな看護師の身だしなみの基本である、髪形や髪色、その他爪やまつ毛事情について具体的なことを紹介していきます。

看護師の髪型はどこまで許されるの?

看護師の髪型はどこまで許されるの

看護師の髪形に決まりを設けている病院は、ほとんどありません。ただし、新人として入職した時に、接遇をテーマに身だしなみ、髪形の話があることもあります。しかし、それは病院の規則というわけではなく、それぞれの看護師が、常識の範囲で清潔感のある髪形を心がけるという指導にとどまっていることがほとんどです。

また、髪形を決めるうえで重要なことは、髪の毛は自然に抜けることもあるので、髪の毛の落下を抑える髪形をすることが基本です。その上、髪の毛は清潔な部分ではないので、仕事中に触ったり、手直しの必要がないことがポイントです。

実際に女性の看護師に多い髪形は、圧倒的にセミロングからロングとなっています。なぜなら、髪の毛を一つにまとめることができ、仕事にも支障がないからです。そして、一つに髪の毛をまとめることが出来ると、パーマをかけていたりしても目立ちません。

ちなみに、ショートやボブの人もいますが、これらはスプレーなどを利用して髪の毛が顔にかからないように注意していることがほとんどです。また、まめにカットするなどの手入れが必要なので、ショートやボブの人もいずれは髪の毛を伸ばして結べるようにするということも少なくありません。

それでは、前髪に関してはどうでしょう。前髪は看護師の個性の見せ所ともいえます。後ろは一つに結ぶということが共通していても、前髪でその人の印象を出せるので、前髪をぱっつんにする人、横に流す人、盛る人、すべて一つにくくる人、アレンジはさまざまなのです。

このように、髪形は清潔感がある、装飾などをつけないでアレンジできるものであれば、許されるようになっています。もちろんエクステをしていても、髪の毛を一つにまとめることが出来るのであれば問題ありません。

男性看護師の場合は、坊主から短髪(ベリーショート・ミドルショート)までさまざまです。長い髪形で整髪料がベタベタという髪型は、清潔感がなくおすすめされません。

その中で、男性看護師に圧倒的に多くて人気な髪型はベリーショートや坊主となっています。

その理由は、とにかく清潔感があって患者さんや女性看護師などの他の職員にも爽やかな印象を与えることが出来るからです。また、中途半端な長さの髪型だと夜勤の仮眠で癖がついたりしてセットし直すのもひと手間かかりますが、ベリーショートや坊主だと簡単に手直し出来ます。

これらを踏まえて、「それでもおしゃれな髪型をしたい」という方は、とにかく清潔感があることと患者さんや他の職員にも良い印象を与えることが出来るかを考えていくようにしましょう。

髪色はどこまで許されるの?

髪色はどこまで許されるの?

看護師の髪色は、地毛の人も多いですが、お洒落に敏感で流行に合わせて色を変えるという人も多くいます。また、白髪を隠すためにヘアカラーをする人も多くなってます。

そんな髪の色ですが、基本的にはライト系よりもダーク系を選びます。
同じブラウンといってもライト系とダーク系では全く印象が異なりますよね。その中で、看護師がしているのはダークブラウン、キャラメルブラウン、モカブラウンといったあたりがほとんどです。これ以上髪の毛を明るくすると、患者さんや他の職員に不快な印象を与えかねません。

病院というところは、患者さんが治療に来るところです。
また、高齢者も多いところです。そのため、清潔感があって清楚なイメージのある髪色がすすめられます。髪色も身だしなみの一つなので、暗黙の了解で髪色を決めている病院も少なくない状況です。

髪型がロングで一つにまとめれば、多少の髪色はごまかされるのですが、ショートやボブ、男性看護師で短髪の人は髪色がよく目立ちます。そのため、よりダークな髪色を心がけると看護師としてふさわしい印象を与えられるようになります。

 

マニュキュアやペディキュア、爪の長さはどこまで許されるの?

マニュキュアやペディキュア、爪の長さはどこまで許されるの?

看護師は、患者さんの爪の色を見るためにマニキュアをしないようにと指導することもあります。それなのに、看護師である自分がマニキュアをしていたら、全然説得力がなくなってしまいます。そのため、病院ではマニキュアを禁止しているところがほとんどです。

実際に看護師は、マニキュアをつけるのではなく、プライベートでチップネイルをつけて楽しむことが多いです。

そして、ペディキュアについては、病院のナースシューズによって異なります
最近は、看護師の活動性を考えて、つま先まで隠れるようなナースシューズとしてスニーカータイプを使用するところも増えています。また、パンツスタイルのユニフォームであれば、靴下にナースシューズ着用となります。そういうところでは、つま先まで見えることはないので、ペディキュアをつけていても問題ないでしょう。

なお、ストッキング着用と、つま先が出るようなナースシューズの場合は禁止となります。

ちなみに、爪の長さは手の平から見て、爪が出ないような長さが基本となります。
長い爪は、患者さんの皮膚を傷つけてしまうこともあるためです。特に重要なのは、爪を切った後に必ず爪を磨くということ。切りたての爪は鋭いですし、皮膚を傷つけやすいのです。そのため、爪を切ったあとはしっかりと磨くように心がけましょう。

まつ毛エクステやつけまつ毛は許されるの?

まつ毛エクステやつけまつ毛は許されるの?

つづいて、化粧の中で重要なポイントである目元のメイクについてです。その中で人気な「まつ毛エクステ」や「つけまつ毛」はどこまで許されるのかを紹介していきます。

基本的には、目元のメイクについてはいちいち病院の規則などで決められていません。ただし、病院の暗黙の了解でほぼ決められているという感じも否めません。そのため、先輩の看護師を見てどこまで許されるかを確認してから自分のメイクを決めた方がいいでしょう。

看護師は、昼間はメイクをしっかりしていても、夜勤明けの顔は時にひどいこともあります。特に、年齢が増してくるとクマがひどくなったり、くすみが目立ってしまい、顔全体の血色が悪くなり、患者さんに心配されてしまうようなこともあります。

そういった問題を解消したいときに、まつ毛エクステは大変活躍してくれます。目元をパッチリ見せることが出来るので、夜勤明けのひどい顔でも少しは良く見せることができます。また、忙しい朝の時短メイクにも効果的な存在となります。

現在は、業務中にマスクを使用することも多いですが、そんな時でも看護師の個性や印象を残すことが出来るのは目元です。その個性を出すためにもまつ毛エクステをする人は少なくありません

しかし、注意も必要です。まつ毛エクステはメンテナンスをすることが大事です。オイルクレンジングを使ってはいけないこと、自分のまつ毛自体が細いと取れやすいといったところです。また、目をこする癖がある場合は、まつ毛エクステの効果は半減してしまいます。エクステが取れ始めてくると、それが落下して何らかのものに混じってしまうと危険です。

そして、エクステの本数が多いと、目がバサバサした印象になるので、目のメイクが目立ち、「派手・ケバイ・清潔感がない」と思われてしまいます。

つぎに、取り外しが簡単な「つけまつ毛」についてです。つけまつ毛ははっきり言って看護師には全く向いていません。仕事で動き回っていると、額から汗が出て目元に流れてしまうこともあります。例えば、グルー(つけまつ毛用ののり)をマスカラで隠していて、それが汗で流れてしまい「目元がパンダ!」みたいになってしまうことも考えられます。特に、入浴介助がある時などは絶対に注意しなければいけません。

看護師の身だしなみについてのまとめ

看護師の身だしなみについてのまとめ

最近では、病院での患者満足度を高めるためにそれぞれの病院でいろいろなサービスを行っています。「看護」についてもその重要な一つに含まれています。

看護師は、看護という専門的な知識や技術を提供していきますが、その時の接遇マナーも重要なところです。

患者さんは病院という治療をする場にきているので、身だしなみは清潔感があって誠意をもった対応をすることが大切となります。

そして、忙しい看護師でもそれなりの給料が貰えるのでプライベートでは存分におしゃれや趣味を楽しむことが出来ます。「仕事とプライベートでのおしゃれ」これらを両立できるような髪型などの身だしなみを普段からしておくといいでしょう。