看護助手は、医療・看護の現場で、患者さんの身の回りの世話や病床などの整頓を行い、医師や看護師がスムーズに働けるようにサポートする仕事です。

看護師や准看護師のように、特定の免許がない未経験者として医療の現場で働くことは出来ますが、医療行為を行うことは出来ません

ただ、それでも看護助手は多くの病院等で募集がなされている状況です。それだけ、病院等にとっての存在は欠かすことのできないものなのです。

そして、病院によっては、看護助手として受け入れ奨学金等を支給して働きながら「准看護師」や「看護師」までキャリアアップしてほしいと思われているところも多数存在します。そのような点も踏まえて、看護助手は働く側にもさまざまなメリットが存在するのです。そういったメリットに関する記事をコチラで解説しておりますのでぜひご覧下さい。

>>看護助手として働くメリット

スポンサーリンク

 

ちなみに、当サイトでは「働きながら看護師になるには」と紹介しているように、看護助手として働くならば、まずは准看護学校(2年)で学びながら准看護師へキャリアアップすることをおすすめしています。

そして、さらなるキャリアアップとして准看護師の免許取得後は准看護師として働きながら定時制の看護専門学校(3年)で学ぶことで正看護師になることをおすすめします。もちろん、学生としての在学中は「看護助手」としてフルタイムで働くよりも給料そのものは少なくなってしまいます。

それでも看護師となった場合の仕事の幅の広がりや給料アップを考えると「看護助手~看護師を目指す道のり」は間違いない投資といってもいいでしょう。

また、看護師になるためには多くの奨学金制度や給付金制度が利用できるので賢くキャリアアップすることも可能です。さらに、働きながら学ぶことは、仕事に学業にと忙しく大変な面もたくさんありますが職場そのものがそのまま教育現場になるという大きなメリットもあるのです。

これまで述べてきたように、医療の現場で働くことを考えるとさまざまな職種で貢献できますが、「看護助手」として働くのであれば将来的には「准看護師」や「看護師」を目指すことを考えていきましょう。

ちなみに、看護助手として働きながら准看護師や看護師の資格取得のために就学のサポートしてくれる病院等は多数存在しますので、求人サイト等を活用して探してみて下さいね。

>>

いきなり医療の現場で働くのが不安な方は事前に学べます

これまで、「医療業界で働いたこともないしいきなり働く自信がない」「何らかの経験を踏まえたうえで働きたい」といった方には「看護助手」の通信講座で事前に学ぶという方法もあります。

この講座で学ぶことにより、看護助手として働く際に知っておきたい内容がひととおり学べるので安心して働くことが出来るようになるのでおすすめです。

また、講座修了者の方には基本的スキルが身についた証として「看護助手実務認定資格証」という修了証がもらえるので就職希望の病院等へのアピールに繋げることも出来ます。

気になる方は、下記講座より無料で資料請求できるのでしてみて下さい。

>>ヒューマンアカデミー通信講座「看護助手」