看護師は医療専門職として、バリバリ働く人、イキイキと仕事をしている人が多いです。
仕事内容からしても、責任のある大変な仕事なのに「なんでそんなに頑張れるの?」「働くことが楽しいの?」と周りから不思議に思われることがあります。また、それと同時に看護師だから「気が強そう!」と思われることも少なくありません。

実際に看護師として勤務をしていくと、一緒に働く同僚には気が強い人がたくさんいます。では、どのような原因があってそう感じてしまうのでしょうか。
そこで、このページでは「看護師は気が強いのか?」また、世間から見るイメージなどについて紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

なぜ看護師は気が強いと思われるのか

看護師になる人は、「看護師資格」という明確な目標を目指していきます。そのため、精神的にも経済的にも早い段階から自立していく人がほとんどです。
「自分は看護師になってあの病院で働きたい」「看護師としてこんな仕事をしたい」「将来こんな看護師になりたい」と早くから目標を定めて将来を見据えているのです。

また、学生としては早い段階から実習等で様々な社会経験をしていきます。そして、働き始めてからも上司等から厳しく指導をされるため、自分で考える力や段取りをつける力などが自然と身につくようになります。

特に、夜勤などをしていると、体調を壊さないように自己管理がとても重要となります。そのため、自分のプライベートを楽しみながら、しっかりと仕事をこなすという習慣を考えていかなければなりません。

このように、看護師という仕事の環境そのものが自立を促していきます。それが、周りからはしっかり者であるのと同時に、気が強いように映っているのかもしれません。

 

 

看護師に持たれやすいイメージや気の強さに繋がる原因について

では、上記に述べた以外に考えられる看護師の人に思われやすい特徴や気の強さを感じられる原因についていくつかあげていきます。

看護師は勉強熱心である

看護師は国家資格を取得すると、看護師免許を更新することなく一生働くことができます。ただ、医療に関する情報というのはどんどん新しくなっていくものです。そのため、自発的に勉強しなくては、いつまでも古い知識のままで新しい医療についていきことができません。

実際には、新しい情報や知識を得るためにスキルアップを目指す人も多く、研修会に参加したりしています。また、認定看護師や専門看護師という高度な知識や技術を持つ資格を目指して勉強していく人も多いのです。

このように、自分の知識やスキルを深めるための努力を惜しまない看護師が少なくないため、勉強熱心であるというイメージをもたれることが多いです。

 

 

看護師は専門職としてプライドが高い

看護師の仕事というのは、医師の診察の補助や患者のケアをすることです。現在でも病院の外来やクリニックでは医師の診察の補助という仕事は重要なことです。

しかし、病棟においては、その働き方が少しずつ変化しています。例えば、病棟ではいつも医師がいるわけではありません。医師は、朝一番で回診(医師が巡回する診察)をしますが、それ以外は外来患者さんの診察や手術などを行うため、常に病棟にいることはないのです。そのため、病棟においては患者さんのそばにいて観察を行っていくのは看護師なのです。

そうすると、患者さんの変化にいち早く気がつかなければならないのは看護師となります。患者さんに何かがあった場合、もちろん医師に報告を行って指示を仰ぎますが、その報告の緊急性を判断し、患者さんの状態を報告するのも看護師の役割なのです。

そこで、看護の専門性はとても重要となり、患者さんのそばでケアをしていく立場から、看護師としての責任は強くなりますし、専門職としてプライドがおのずと高くなるのです。

また、契約書やアンケートなどで職業を記入する場合に、自分の職業を記入する欄があると思います。皆さんはそんな時どうしますか?会社員、公務員、研究職などいろいろな書き方がありますが、自分の職業を明確に記入するよりも、何となくぼかして記入することが多いのではないでしょうか。

しかし、看護師の場合そんなことはまずありません。そこには、「医療職」などという書き方ではなくて、「看護師」と記入する人がほとんどです。このようなところからも、看護師としてのプライドの高さが顕著に表れています。

 

 

 

女だらけの職場で自然ともまれて強くなる

最近では、男性の看護師も増えてきましたが、未だに多いのは圧倒的に女性の看護師です。一般的なイメージでは「女性が多い職場は大変そう」「人間関係が複雑そう」などと思われがちです。確かに、女性だらけの職場では気を使うことは多いものです。また、時には派閥、いじめと思われることがあったりもします。

そのような環境に置かれて、それが苦痛で仕事をやめてしまう人も少なくありませんが、その中で残っていく人は、やはりそれだけ気が強いということが考えられます。

ちなみに、上記のような職場環境は変化しつつあります。最近では国が掲げる「働き方改革」の背景等もあって、多くの病院等が働きやすい職場づくりに力をいれています。これからますます楽しく働ける職場が増えていくことでしょう。

 

 

医療の現場はいつだって張りつめている、そんな緊張感が気を強くさせる

医療の現場は、人間の生死にかかわることも多いですし、患者さんの症状の観察をして異常の早期発見をするのは当然のことです。また、何かあれば緊急対応しなくてはいけません。

そのように、いつも緊張感のある職場の中で、精神的に張りつめた状態でいるため、おのずと精神的な面が鍛えられて気が強くなるということは十分考えられます。

 

 

女一人でも生きていける

看護師は、専門職としてそれなりの給料はもらえるし、女一人でも食いっぱぐれのない収入を得ることが出来るというイメージを持たれています。

実際に40代までに婚期を逃した人の中には、一生独身と決意してマンション購入等をする人も少なくありません。また、もともと夜勤をする看護師は、他の職業の友人と時間を合わせることが難しいこともあります。このようなことから、自分一人で楽しむ方法を見つける看護師も少なくありません。

 

 

「看護師=白衣の天使」ではない

以前の看護師といえば、ナース服にナースキャップ、そして白いストッキングというのが一般的でした。しかし、現在は看護師の動きを妨げない機能性を重視したユニフォームが圧倒的に多くなり、ナース服はワンピースよりもツーピースとなっています。また、ズボンタイプのものも増えています。そのため、今の看護師は昔とは違って、白衣の天使という印象は持ちにくくなりました。

そして、天使のようなイメージとして笑顔で声をかけるだけでは看護師の仕事をこなすことはできるものではありません。時には、患者さんに指導をすることもありますし、注意をしなくてはいけないのです。

 

 

看護師はお酒が強いと思われやすい

もちろん看護師の中には、お酒がダメだという人はたくさんいます。しかし、一般的によくもたれるイメージは、看護師はお酒に強いという人が多いということです。

実際に病院で働くようになると飲み会の多さに驚くことがあります。そんなお酒の場を繰り返していくことによって、おのずとお酒が強くなるという人も少なくないのです。

 

 

「看護師は気が強い?」世間から見る看護師のイメージについてのまとめ

「看護師は気が強い」このことは単なるイメージであることに変わりはありません。しかし、一緒に仕事をするなどの経験をして分析してみると、やっぱり看護師には気が強い要素をたくさん持っている人が多いと感じるものです。

そして、病院という場所、そして女性が多いという職場の特徴から、おのずと看護師は気が強くなってしまう環境が整っているような印象も受けます。また、一見おとなしそうに見える人でも、意外に芯の図太い看護師が多いのも特徴なのです。実際のところ、その芯の強さがあるからみんな看護師を続けていけるのでしょう。