看護師国家試験は、看護学校(専門学校や大学)で指定されたカリキュラムをこなすことで受験ができるようになります。
その試験は、各年度の合格基準に達することが必要ですが、「落とすための試験」ではなく、努力してきちんと対策をとっていけば「普通に合格できる試験」となっています。

なお、出題範囲は、全て看護学校の在学中に学ぶ11教科の中から出題されます。
その11教科については下記のようになっています。

  • 1.人体の構造と機能
  • 2.疾病の成り立ちと回復の促進
  • 3.健康支援と社会保障制度
  • 4.基礎看護学
  • 5.成人看護学
  • 6.老年看護学
  • 7.小児看護学
  • 8.母性看護学
  • 9.精神看護学
  • 10.在宅看護論
  • 11.看護の統合と実践

これらは、科目名だけ見ると難しそうに感じるかもしれませんが、看護学生として真面目に講義・演習を受け、実習に出席していけば、自然と身についてくる知識となっています。

それでは、看護学生になる前に知っておきたい情報として、看護師国家試験がどのような試験なのか、確実に合格するための受験対策などを紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

看護師国家試験は難しいのか

看護師国家試験の過去10年の平均合格率は89.9%です。
この数字からみても、決して難しい試験ではないことが分かるかと思います。
看護学校での日々の講義・演習・実習に真面目に取り組み、模擬試験や問題集を活用した試験対策をしておけば、必ず合格できるレベルといえます。

なお、指定規則という看護師になるためのカリキュラムの変更などによって、国家試験の出題基準が改定されることがありますが、その時は看護学校が改定した出題基準に合わせた試験対策を講じていくことになるので大きな心配をすることはありません。

ちなみに、「出題傾向が変わって難易度が上がった」といわれている第106回(2017年)看護師国家試験がありますが、看護師国家試験対策専門の講師は「学力が下がっただけで、難易度は上がっていない」とコメントしています。
「難しい」と感じるのは、「問題が長文になったので読解力と読むスピードが必要だったこと」「選択肢が複数ある問題が多かったこと」などが挙げられています。

繰り返しになりますが、看護師国家試験そのものは日頃の講義・演習・実習に真面目に取り組んでおけば、ほとんどが解答できる内容となっていますので、決して難しいということはなく十分合格できる試験なのです。

 

 

看護師国家試験の試験形式について

つぎに、看護師国家試験のスケジュールや試験形式について解説していきます。

看護師国家試験の日程は、8月ごろに厚生労働省より発表されます。
そして、試験日はだいたい2月の第3週目ごろが試験日になることが多いです。
卒業する年度になると、合格を目指した最終的な看護師国家試験対策の追い込みが始まります。

また、看護師国家試験は一日で行われ、午前と午後に分けて実施されます。
時間配分は、午前・午後ともに2時間40分であり、合計5時間20分にもなります。

解答方法についてはマークシート形式で、試験問題の冊子と解答用のマークシートが配布されます。
ちなみに、試験終了後は、試験問題の冊子は持ち帰ることができるので、答え合わせなどに利用する受験生が多いです。

 

看護師国家試験の問題構成について

看護師国家試験問題は、「必修問題」「一般問題」「状況設定問題」という3種類の問題から成り立っています。
その3種類の問題について簡単に解説をします。

 

必修問題は、看護師として働くために重要な「知識と技術に関する問題」です。
この必修問題には全体の合格基準とは別の合格基準が設けてあります。
そのため、全体の点数が合格基準に達していても、必修問題の正解率が8割未満だと不合格になってしまうのです。
このように、他の試験問題より厳しい基準を設けているのは、「看護学校で学んだ基本的で重要な事項は理解していて当然」という出題側の意図があると考えられています。

 

一般問題は「看護の知識を問う問題」と「短文の事例問題」となります。出題範囲は冒頭文で紹介した全11科目の中から出題されます。

 

状況設定問題は、患者の病状や必要なケアについて「看護過程を展開する力が求められる問題」です。
看護過程とは、医療や看護を必要とする人が望むことを達成するための思考過程を文章にしたものをいいます。
看護師として働く場所に直接関係する問題設定なので、「1問2点」というように配点が高く設定してあります。
出題科目については、成人看護学・老年看護学・小児看護学・母性看護学・精神看護学・在宅看護論・看護の統合と実践の7科目の中から出題されます。

 

 

 

看護師国家試験の対策方法について

看護師国家試験の対策は、できるだけ低学年の早い時期から始めておくことをおすすめします。
普通に合格できる試験とは言っても試験日間近になって、慌てて一夜漬けで合格できるような試験ではありません

「勉強してないけど合格した!」という学生が中にはいますが、そういった学生は自分で知らないうちに学習する習慣ができていることがほとんどです。
試験は、日々の講義・演習・実習からの出題なので、積み重ねて関連づけた学習が現役合格につながっているのです。

 

学習範囲をある程度終えたら、問題集を1日10問は解答することを習慣づけましょう。
そして、対策のために利用する問題集は最低でも4回は繰り返して解答するようにしていきます。

 

低学年の時は、必修問題を解いて看護師に必要な基本的な知識を身につけ、学年が上がるにつれて、一般問題や状況設定問題に挑戦していきます。
このように、常に看護師国家試験の問題に接していれば、自然と読解力・文章を読むスピード・知識が必ず身についていきます。

また、看護師国家試験の120問という問題を2時間40分以内で回答するためには、1つの問題を約1分で解答しなければなりません。
そのためにも、知識と同時に読解力と解答するスピードを身につけておくトレーニングが大切なのです。

ちなみに、移動などで勉強する環境が難しい場合に、最近は看護学生向けの看護師国家試験アプリもあるので、それを活用するのもいいでしょう。

 

それと、模擬試験は積極的に活用することをおすすめします。
看護学校で紹介されるものもあれば、個人で受験できるものもあります。
模擬試験の結果で、看護師国家試験の合否判定・得意な科目・不得意な科目などが分かりますし、狙われやすい項目の情報などを得ることもできます。その結果を踏まえて、試験対策をさらに強化していくとより合格へ近づくことができるでしょう。

 

 

今から知っておきたい受験に対する心構えと一発合格のための秘訣について

注意すべきなのが、現役の看護学生の時に看護師国家試験に合格しなければ、翌年の合格率は約2割になるという現実があることです。
この事実を重く受け止めて、必ず現役での合格を目指しましょう。

看護師国家試験受験の現役合格の秘訣は、日々の勉強の積み重ねです。看護学校の講義・演習・実習を真面目に取り組んでいくことが一番の近道なのです。
試験日数ヶ月前に慌てて問題集に取り組むと、何もかも分からないことだらけで受験勉強に挫折してしまいます。

看護師国家試験の出題範囲は3年間あるいは4年間をかけて学んだことなので、数ヶ月で復習できるほど狭い範囲ではありません。

試験日が近づいたら生活のリズムと体調を整えて、心を落ち着けて参考書や問題集で復習していきます。そして、試験当日は万全の状態で挑めるようにしていくことが重要です。

 

 

看護師国家試験は難しいの?合格率や難易度、対策方法についてのまとめ

まだまだ看護師になるためには「看護師国家試験に合格することが必須」という、認知度は低いと感じています。看護学校に入学して卒業すれば、看護師になれると考えている方が多いのが現状です。

看護師になるためには、厚生労働省が指定したカリキュラムをこなして、看護師国家試験に合格しなくてはなりません。
そのためにも、看護学校での日々の講義・演習・実習が直接看護師国家試験の出題範囲につながっていることを意識して取り組んでいくようにしましょう。

そして、国家試験に向けた最後の追い込みをきちんと頑張っていけば合格できる試験であることに間違いありません。