看護師の給料について

看護師の年収はどのぐらい?

看護師は、給料が高いというイメージを世間では持たれていることが多いです。

勤務先や年齢、働く地域によりますが、年収は380万円~600万円程度になります。また、大きな病院の管理職クラスになるとより多くの年収を得ることが出来ます。

役職ごとに表にまとめると下記のようになります。

<参考:平成27年度給与実態調査>

 

役職 年収(目安)
看護部長 910万円
副看護部長 800万円
看護師長 740万円
副看護師長 620万円


このように、大きな病院の看護部長~副看護師長にもなれば、かなりの高収入を期待することが出来ます。
ちなみに、役職がつかないベテラン看護師の場合は530万程の年収になります。

なお、他の業種を含めた全体の平均年収としては480万円ぐらいです。女性の平均年収が200万円後半であることなどを考えると看護師の年収は非常に高い水準にあるといえるでしょう。

ただし、それなりの仕事内容、責任があることを考えれば妥当な金額なのかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

看護師の年齢別にみる給料月額

参考として、日本看護協会より発表されている年齢別の賃金額を非管理職と中間管理職および監督職に分けて紹介します。

下記は月額の資料なので、賞与は別に支給されます。賞与については、病院によりますが、年間で(基本給の)2ヶ月~5ヶ月ぐらいになります。

非管理職の場合

年齢 基本給
月額
諸手当 給与総
月額
給与
増加率
20~24歳 204,146円 93,449円 297,596円 100%
25~29歳 221,209円 101,578円 322,787円 108%
30~34歳 237,139円 93,283円 330,422円 111%
35~39歳 260,465円 96,773円 357,238円 120%
40~44歳 280,007円 101,507円 381,514円 128%
45~49歳 291,894円 101,989円 393,883円 132%
50~54歳 296,358円 85,951円 382,309円 128%


(出所:2012年病院勤務の看護職の賃金に関する調査 日本看護協会)

中間管理職および監督職の場合

年齢 基本給
月額
諸手当 給与総
月額
給与
増加率
35~39歳 263,603円 96,773円 379,778円 100%
40~44歳 305,835円 101,507円 421,706円 111%
45~49歳 336,210円 101,989円 446,781円 118%
50~54歳 356,446円 85,951円 460,663円 121%
55~59歳 349,314円 85,951円 440,176円 116%


(出所:2012年病院勤務の看護職の賃金に関する調査 日本看護協会)

看護師はとにかく使える資格

看護師の最大のメリットは、どんなところでも働けるため仕事に困ることが無いことです。毎月の給料に加えボーナスもしっかりと支給されます。例え、どんな田舎であっても仕事に困ることはないでしょう。

また、看護師の需要は増え続けており、求人も増え続けていくことと思われます。今後、本格的な高齢化社会を迎えるにあたって、看護師不足が深刻な問題とされています。

このような背景もあるので、看護師になれば資格を活かせることは間違いありません。

求人サイトの利用

給料は、仕事を探すうえで必ず気になるところだと思います。

その中で、求人サイトを利用すれば専門のコンサルタントが働き方や採用面接などのサポートの他、給料についても良い条件で採用してもらえるよう交渉してくれます。

ぜひ、求人サイトを活用してなるべく良い条件で働けるようにして下さい。サービス利用料は無料です。