看護師という資格は、国家資格であり代表的な医療専門職です。そのため、パートとして働く場合でも、ある程度の時給を期待することができます。それは、看護師不足と叫ばれる医療業界では、パートという立場であっても、その働きは非常に重要な存在だと考えられているからです。

また、働く側の看護師の立場から見ても、パートという働き方には魅力的なことが多く、それぞれのライフスタイルに合わせて、パート勤務を決めるという人も多いです。このページでは、そんなパートとして働く看護師の収入や役割を中心に紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

パート看護師の役割や勤務時間はどんなもの?

パート看護師の仕事というのは、基本的には常勤看護師と同じになります。その中で、短時間勤務を希望したり、自分で出勤する日を決めることが出来るなど融通の利いた働き方が出来るといった特徴があります。

時には、常勤看護師だけでは出来ない業務などに一緒に入って人手不足を補うという役割も求められます。そのため、病院側としてもパート看護師を忙しい時間帯に勤務に入れるということは少なくありません。

つぎに、パート看護師の勤務時間と主な仕事内容についてです。

外来やクリニックの場合は、昼休憩の時間をはさむので、午前9時から12時まで、午後2時から6時までといった時間が勤務時間となることが多いです。主な業務としては、医師の診察の補助や患者の処置を行うことが中心になります。

病棟(病室のあるところ)の場合は、昼休憩関係なく勤務時間となりますが、基本的に午前中は、医師が巡回しての診察や処置、検査、入浴などで忙しい業務が多くなります。そのため、朝8時半から13時までといった勤務時間で求められることも多いのです。仕事内容としては、常勤看護師と同様に受け持ちの患者さんの看護を行うこともありますし、常勤看護師とペアになって、ひたすら清拭(身体を拭いて清潔を保つこと)や吸引といった処置に徹することもあります。

もちろん、これらの働き方は勤務する病院によって多少異なります。

 

 

パート看護師として得られる収入について

パート看護師として働く場合の収入については、その地域によって時給なども大きく変わってきます。

例えば、地方では1200~1500円程度、都心部になると2000~2500円程度といったところが多いです。

そのため、時給が高いか低いかによって、希望の収入を得るための勤務日数や勤務時間数を考えていくことも重要となります。「扶養の範囲内で働きたい」「扶養関係なくできるだけ高い収入を得たい」と一人一人ライフスタイルによって違ってくるからです。

ただ、看護師の中には、扶養に関係なく働きたいという人が多くいます。病院側もそれを考慮して、週に20時間以上勤務をするパート看護師に関しては、社会保険の加入対象にしていることが多くなっています。社会保険加入となれば、将来もらえる年金額にも反映されるので将来的に大きな魅力があります。

また、扶養範囲外であれば、残業になっても気にせずに残業分の時間を請求できるというメリットもあります。逆に、扶養範囲内で働いている人は、看護師としての責任を果たすためにもちろん働くけど、残業となると扶養範囲内を超えてしまうため、残業手当を請求できない「サービス残業」となることも実際に多くあるのです。

 

 

パート看護師のメリット、デメリット

では、パート看護師という働き方についてメリットとデメリットに分けて説明していきます。

 

メリット

短時間の勤務が出来る

看護師の勤務をフルタイムで働くことは重労働ともいえます。夜勤もあるし、体力的にも精神的にも8時間勤務をするのはキツイと感じる人も少なくありません。また、患者さんに都合を合わせる仕事であるため残業も多い仕事です。年齢的に体力が落ちてくるような時に、パート勤務にすると短時間勤務にできるため、体力面も精神的な負担も軽くすることができるのは大きなメリットといえます。

実際に、「40代・50代になって、看護師の責任や仕事が重労働と感じるようになった」「医療の現場から少し離れたくなった」「自分のやりたいことを見つけたけれど、看護師は続けていきたい」といった欲張りな人も多く、別の仕事を持ちつつ、パート看護師を短時間で行うという人も少なくありません。

例として、昼はパート看護師、夜はスポーツインストラクターという人もいます。

 

生活スタイルに合わせて仕事が出来る自由さ

看護師は女性が多いので、結婚、妊娠、出産と経験する人が多くいます。子育て世代となり、看護師の仕事と子育てを両立することは簡単なことではありません。また、看護師の仕事にやりがいはあるけれど、「子どもを置いてまで夜勤をするのはちょっと…」と抵抗を覚える人も多くいます。

そんな時に、パートというスタイルは、自分の置かれている環境に合わせて勤務時間を選んだり出来る自由さがあります。

 

パートという立場でも責任ある仕事が出来るので充実感がある

パートといっても看護師の場合は、ほとんど常勤看護師と同じような業務をこなすのが必須となります。そのため、仕事には責任が伴ってきます。

常勤の看護師より時間が短くても、勤務日数が少なくても、責任ある仕事を任されることは、「自分が必要とされている」と感じることができます。そのため、十分にやりがいがあり、充実感ある働き方をすることが期待できます。

 

 

 

デメリット

常勤看護師のような給料やボーナスを期待できない

常勤看護師には、基本給のほかに様々な手当がつきますし、ほとんどの病院でボーナスがあります。しかし、パート看護師の場合は、時給のみで手当てはつかないことも少なくありません。

病院によっては常勤とパートの仕事内容に差があることもある

パート看護師といっても、看護師には変わりないので働き方に差がない一方で、パート看護師は、重労働といえる仕事ばかりを任されるといった場合もあります。

常勤の看護師が受け持ち部屋を管理したり、手術を受ける患者さんを手術室に連れて行ったりと重要な仕事を任される一方で、パート看護師は、ひたすら入浴介助、オムツ交換といった移動の多い仕事ばかりを任される場合もあります。

 

 

パート看護師に求められるもの

病院としては、出来る範囲で看護師を一人でも多く配置したいと考えています。それは、サービスの向上にも繋がり、患者さんのケアをしっかりと出来るからです。

人員が充足するということは、業務が分散し、一人あたりの仕事量の負担が軽くなるということとなり、それは心の余裕にもつながります。医療の現場ではミスが許されません。そのため、病院もリスクマネージメントをする上で、看護師の人員確保というのを重要視しています。そこで、特に忙しい時間、また業務をたくさんこなさなくてはいけない時間にパート看護師を求めることが多いのです。

そして、現在は病院も選ばれる時代です。そのため、患者さんは病院の評判や医師、看護師のイメージ・評判というものを聞いたり調べたりしてくる人が増えています。

病院というのは、患者さんの出入りも多く、緊急対応もあるところです。時にはクレーム対応に応じることもあります。そういった一つ一つのことに真摯に向き合うには、やはり人員が必要なのです。パート看護師は、そんな病院にとって欠かすことは出来ない存在として間違いありません。

 

 

パートとして働く看護師の収入や役割についてのまとめ

ここまでパート看護師について詳しく紹介をしてきましたが、パート看護師であっても問題なく充実した生活をしていくことが可能であることがお分かりいただけたかと思います。

病院側も必要としている存在ですし、働く側は自分の生活スタイルに合わせて働ける大きな魅力があります。また、多くのパートの仕事と比べても時給はかなり高い方といえるでしょう。ただ、その中でも大切なことは、働く病院をしっかりと選ぶ必要があることです。

「パート看護師という存在を大事にする病院」「自分が思う条件を与えてくれる病院」そんな病院探しを行って、理想のパート看護師ライフを実現していきましょう。