看護師の種類は大きく分類すると、4つに分けることが出来ます。

 

看護師

医師の指示を受けて、患者さんの診療の補助をしたり、治療を受けながら生活する入院患者さんの日常生活の援助を行います。

また、医師よりも患者さんと接する時間が多いので、患者さんの身体と心の両面をサポートし、他のスタッフと協力して治療が受けやすい環境作りをしていきます。

なお、看護師は厚生労働省が所管する国家資格です。よく准看護師(准看)と比較して正看護師(正看)とも呼ばれます。

 

准看護師

医師や看護師の指示を受けて、患者さんの診療の補助をしたり、治療を受けながら生活する入院患者さんの日常生活の援助を行います。

看護師との仕事内容に大きな違いはありませんが、看護師は国家資格免許として、「厚生労働大臣の免許を受けて、療養上の世話、または診療の補助を行なう」とされますが、准看護師は都道府県知事免許として、「医師(歯科医師)または看護師の指示を受けて療養上の世話、または診療の補助を行なう」となっています。

 

認定看護師

日本看護協会による認定看護師認定審査に合格し、特定の看護分野において熟練した看護技術と知識を用いて水準の高い看護実践を行い、看護師に対する指導・相談活動を行う看護師をいいます。

特定の看護分野(21分野)…救急看護、皮膚・排泄ケア・感染管理など

 

専門看護師

日本看護協会による専門看護師認定試験に合格し、複雑で解決が難しい看護問題を抱えた患者さんや家族に対して、水準の高い看護ケアを提供するため、特定の専門看護分野において知識や技術を備えた看護師をいいます。

特定の専門看護分野(11分野)…がん看護、精神看護、地域看護など